横浜市港北区の姿勢調整・カイロ・整体・骨盤矯正・マッサージ|健康になろう.com
HOME>よくある質問

よくある質問

カイロプラクティックって何でしょうか?
110年程からアメリカで行なわれている療法で、今では世界中で多くの人々に愛用されています。
はい、110年程からアメリカで行なわれている療法で、今では世界中で多くの人々に愛用されています。背骨のズレや姿勢のゆがみに対して、手で矯正を行ない、正しく神経が通う状態にしていきます。矯正の際には「アジャストメント」や「マニピュレーション」と呼ばれるカイロプラクティック独自の特殊な方法を用いています。
機械では不可能な微妙な背骨の調整を、手のみを使って心を込めて行ないます。 カイロプラクティックは19世紀にアメリカで生まれ、今では世界80カ国で公認されております。
世界100カ国で実施されており、40以上の国で法制化されております。
カイロプラクティックを行う「カイロプラクター」は体のトラブルを引き起こす「サブラクセーション」に着目し、神経・筋・骨格トラブルの分析、ケア・予防を行う専門家です。
例えばアメリカにおいては16校の専門大学があり、アメリカ政府公認のD.C(ドクター・オブ・カイロプラクティック)の資格を持つドクターは6万5千名にのぼります。このD.C.のライセンスはアメリカにおいて医師と同等の資格として社会的に広く認知されています。
国際的な動きとしては、国連の専門機関であるWHO(世界保健機構)に世界カイロプラクティック連合(WFC)がNGOとして加盟しています。 語源はギリシャ語による造語です。「カイロ」は「手」「プラクティス」は「技術」を表しています。
「カイロプラクティック」は「手による療法」という意味になります。 語源のとおり薬や手術は行いません。手のみを使用した瞬間的な施術を行います。多くの場合痛みはありません。
カイロプラクティックは体の異常な部分のみに注目するのではなく、 どのような経緯でそこが異常を起こしているのか、またその原因を追究し、解決していきます。
私たちは、厚生労働省が2007年に策定した10カ年戦略「新健康フロンティア戦略」の考えや目的に基づいて、 地域住民、ひいては広く国民の健康長寿にも、カイロプラクティックは貢献していけると考えています。
カイロプラクティックと整体は違うのですか?
違います。
はい、由来などにより「まったく異なるもの」と言う事が出来ます。
カイロプラクティックはアメリカで19世紀に生まれ、現在は医師同様に専門の大学院課程を修めたものが行うことが出来ます。
アメリカなどの先進国での開業、臨床治療行為においてはD.C(ドクター・オブ・カイロプラクティック)などの国家資格が必須となっております。
整体は由来は様々で、大正時代に日本に渡ったオステオパシーや古いカイロプラクティック技術などを当時の独自の工夫などを集大成したもの、 中国からの技術を取り入れたもの、古武道の手技を取り入れたものなど様々な流派が存在すると言われています。
その為、「整体」という定義自体が非常にあいまいで、どんなものでも整体と言えてしまいます。 整体は民間資格に留まり、整体師になるための特別な手続きは存在しないようです。
KCSセンターって何ですか?
日本で初めてカイロプラクティックを“高品質で統一”したメンバーが運営するクリニックの名称です。
はい、日本で初めてカイロプラクティックを“高品質で統一”したメンバーが運営するクリニックの名称です。厳しい試験と審査を乗り越えた、高い技術レベルと国際的に認められる学位を取得しているカイロプラクターのみが与えられる、安心・高品質のブランドマークです。
電子カルテも整備され、日本中どこのKCSセンターに行ってもそれまでの施術データを引き継ぐ事ができます。(詳しくはホームページ参照)
カイロプラクティックって何でも治ると聞いたのですが、そんな事ないですよね?
残念ながら何でも治るということはありません。
はい、残念ながら何でも治るということはありません。私達もそのような無責任な事を言う事はできません。
骨折などの器質的な異常、伝染病、癌など明らかに対象疾患でない方は適切な専門の機関にご紹介をさせて頂きます。
ただ、米国などのカイロプラクティックが広く認知されている国においては、火傷や心筋梗塞など、おおよそ カイロプラクティックとかけ離れた病状でも、カイロプラクティックケアを受けることは多いようです。
それは、カイロプラクティックが神経の流れや人間の自然治癒力や脳の働きを正常化するため、 人間が本来持つ免疫力や回復力の機能を最大限発揮させることができるからだと言われています。
背骨を矯正するだけなのでしょうか?それで十分とは思えませんが・・・。
総合的な“健康サポート”も行なっています。
はい、私たちはカイロプラクティックケアを中心に、現在ニーズが高まっている総合的な“健康サポート”を行なっています。
あなたに最適なエクササイズや、症状や状態から分析した必要なサプリメントのアドバイスも行い、生活習慣や環境全般にわたって、可能な限りあなたの「最高の健康」を応援します。
どんな人にカイロプラクティックは必要なのですか?
背骨のズレや姿勢のゆがみがある人です。
カイロプラクティックが必要な人、それはズバリ「背骨のズレや姿勢のゆがみがある人」です。 この、背骨のズレや歪みの事を専門用語で「サブラクセーション」といい、正常な神経伝達を障害している状態です。
この「サブラクセーション」はアメリカでは“人間の健康を徹底的に破壊する“と言われ、様々な身体機能の低下、痛みやシビレ、コリやダルさ等の倦怠感を引き起こすとされています。
さらに、症状が発生する前にカイロプラクティックケアを受ければ、事前に予防的に症状の発生を抑えることが出来ると言われています。
私にカイロプラクティックは必要ですか?
はい。
今まで何らかの「背骨のメンテナンス」をしていなければ、ほぼ間違いなく背骨のゆがみは存在すると言えるでしょう。
なぜなら人間の身体も、車や家と同じように、何年も何十年もメンテナンスせずに使えばどこかおかしくなるからです。
腰や肩の痛み、首や背中の凝り、疲れやすい、だるい、すっきりしない、疲れが取れない等があれば早めにチェックしたほうが良いでしょう。
最初のカイロプラクティック検査で“あなたにどれくらい必要か”が分かります。
どんな症状の人が受けてるのですか?
以下のような様々な症状に効果があります。
来院者の主訴は本当に多岐に渡ります。腰痛、坐骨神経痛、ぎっくり腰、膝痛、頭痛、背部痛、頚部痛、肩こり、四十肩、五十肩、側湾、シビレ、椎間板ヘルニア(神経学的欠損兆候のないもの)捻挫やスポーツ障害、事故後のケア、むち打ちなどが代表的ですが、その前段階の違和感や不定愁訴、姿勢や背骨が気になる人、疲れやすい、疲れが取れない、だるい、すっきりしない等での来院も多いです。
基本的に骨のズレが原因となっている問題の改善に有効です。また、神経機能や神経伝達を正常にしていくので、人体が持つ自然回復力や免疫力の活性化にもつながります。
カイロプラクティックは何に効果があるのでしょうか?
腰痛、肩こり、膝痛、背部痛、頸部痛などや、予防などにも効果があります。
はい、現在は、腰痛、肩こり、膝痛、背部痛、頸部痛、頭痛、捻挫、背骨の歪みや骨盤のズレ(産後のケアも含む)などでの来院が過半数です。またアスリートのパフォーマンスアップにも最適です。 カイロプラクティックは腰痛、肩こりのみに威力を発揮するだけではなく、 米国では19世紀当初は腰痛の患者より、難聴や自律神経を患った患者の方が多かった程です。 元々カイロプラクティックは予防医学として発達をしてきました。 子どもの姿勢矯正、筋力低下を未然に防ぎ、高齢の方の背骨の変形や寝たきりの予防、健康な体を維持し、 よりよい生活を送るためのヘルスケアにカイロプラクティックは役立ちます。
子どもの姿勢が悪い気がするのですが・・・・
都市型の生活習慣に慣れ、筋力の低下も含めて、姿勢の悪化が多く見られます。
都市型の生活習慣に慣れ、歩かない、遊ばない、運動しない、が子どもの健康を襲っています。 特にTVゲームやパソコンを使う事が多い現代社会では、筋力の低下も含めて、姿勢の悪化が多く見られます。
そしてその結果、子どもの頃でも背骨の歪み(サブラクセーション)は発生し、腰痛などは起こります。もちろん以前は、そんなことはあまりありませんでした。
いろいろと便利になっていきますが、子どもの健康にとっては、良いことばかりではないようです。 子どもの場合は、回復力もあり、慢性化していることも少ないせいか、著しい改善を見せることが多くあります。
検査に痛みはありませんので、気になるようでしたら一度お子様もカイロプラクティック検査されてはいかがでしょうか。
子どももカイロプラクティックをうけて大丈夫なのでしょうか。
小児カイロプラクティックというものが存在します。
小児カイロプラクティックというものが存在し、そこでは出生直後すぐよりカイロプラクティックケアを受けること望ましいと言われています。
危険性はなく、特に国際水準のカイロプラクターで、小児カイロプラクティックの専門教育を受けている場合は安心です。アジャストメントも大人と違い、まぶたを触るくらいのやさしい力で、子どもの背骨を調整していきます。
※子どものカイロプラクティックを希望の場合は、母子健康手帳をお持ち下さい。
妊娠中でもカイロプラクティックは大丈夫ですか?
出産予定日直前までカイロプラクティックを受けることができます。
マタニティカイロプラクティックというものが存在します。産前、妊娠中、産後の方にも安心して受けて頂けます。特にカイロプラクティックによる骨盤周囲の調整により、安全かつ辛くない周産期を過ごせた方も多いです。
アメリカでは、女性のよろこびである幸せな出産には、カイロプラクティックが不可欠であると言う学者もいます。
また骨盤などの歪みにより、難産や帝王切開になりやすいという研究もあるので、できれば早めにカイロプラクティックケアを受けられたらいいですね。出産予定日直前までカイロプラクティックを受けることができます。
何を持っていけば良いですか。保険証は必要ですか?
健康保険証はお持ちいただく必要はありません。
もし可能であれば、今回の症状につきましてレントゲン・CTスキャン・MRIなどを撮影されていた場合はお持ち下さい。病院に伝えれば快く貸し出してくれる所がほとんどです。(借りられない場合はなくてもかまいません)
健康保険につきましては、日本では現在法整備されていない為、適用外となっております。 これは国内のどのカイロプラクティックでも同様です。なので、健康保険証はお持ちいただく必要はありません。
なお、お子様(乳児・幼児)のカイロプラクティックケアをご希望の場合は、母子健康手帳をご持参下さい。 来院の際は、なるべく動きやすい服装でお越し下さい。
着替えは持って行ったほうがいいですか?
施術用のお着替えも準備しております。
なるべく動きやすい服装での来院をお願いしておりますが、スカートでの女性の方も多く来られますので、 施術用のお着替えも準備しております。仕事帰りにお越しいただいても大丈夫です。 勿論、お気に入りのジャージなどお着替えを持参される事も可能です。
問い合わせ