横浜市港北区の姿勢調整・カイロ・整体・骨盤矯正・マッサージ|健康になろう.com
HOME>お悩みはなんですか?

腕部・手首でお悩みの方

姿勢をよくする枕
「心地よい枕」と「姿勢改善によい枕」は違います。

人生のうち27.5年間は睡眠といわれています。
ですから質のよい睡眠環境を整えることは、健康な生活を送るうえでとても重要です。
質の良い睡眠をとるために、寝心地のよい枕を選ぼうと多くの方が考えるでしょう。
ただし、それだけではなく寝ているときに身体を健康にしてくれる枕、言い換えると「姿勢をよくしてくれる枕」かどうかも考える必要があります。

長年使い慣れた枕で寝ている人にとってみれば、そちらが寝やすいかもしれません。
また、首の角度を計測してその人に合わせたオーダーメイド枕を使っているかもしれません。

しかし、いま姿勢が悪い人は悪い状態にあう枕を選んでしまいます。
それでは、今までの習慣は変わらないかもしれません。
悪くなってしまった今の状態は、生活習慣の中に良くない原因が潜んでいる可能性があります。
ですから、その人に合った寝心地のよい枕ではなく、
「その人の姿勢を改善する枕」を使用する生活をお勧めしています。
頸椎枕ゆめ
”頸椎枕ゆめ”を使用して上向きで寝れるようになる。
マットレスや布団は適度な硬さをもったものを使用し、枕が沈みこまないようにします。
柔らかいと身体が沈み、いくら枕を変えても意味がありません。 枕と同じように低反発のマットレスはできるだけ避けてください。

”頸椎枕ゆめ”を使用することで、頸椎が理想的なカーブを描き
首だけでなく、背骨や骨盤のバランスもよい状態を保持できるようになります。

痛みや不快感があって、上向きで寝れない人は姿勢に問題があり、背骨のバランスも崩れていることが多いです。
その場合は、無理をせず姿勢調整を受けて歪みを調整してから”頸椎枕ゆめ”を使用してみてください。

ご注文はこちら
ドロップアームテスト Drop Arm Test
<検査方法>
腕を90°外転させた位置から、腕をゆっくり降ろさせる。

<理論的根拠>
肩をゆっくり下ろせなかったり、急に落ちるようなら、腱板断裂を示唆する。
棘上筋腱炎テスト Supraspinatus Test
<検査方法>
患者を座らせて腕を外転と前方屈曲の間で90°に外転するように指示する。
検者がかける抵抗に対して上腕を外転するように指示する。

<理論的根拠>
抵抗に対しての外転により主に三角筋、棘上筋・腱にストレスがかかるため、棘上筋腱の付着部上の痛みや弱さは棘上筋腱の変形性腱炎や裂傷を示す。三角筋上の痛みは三角筋の挫傷を示す。
スピードテスト Speed’s Test
<検査方法>
患者の腕を肘を伸ばして手のひらを上にして45°の角度で体の前に差し出させる。検者は片手の指で結節間溝を押さえ、一方の手で患者の手首を押さえる。次に患者の腕を検者の抵抗に対しながら拳上するよう指示する。

<理論的根拠>
結節間溝の中で腱にストレスがかかる為に痛みや圧痛があると上腕二頭筋長頭腱炎が示唆される。
前方不安感テスト Anterior Apprehension Test
<検査方法>
患者を座らせて、後ろに立つ。患者の腕をゆっくり90°横に挙げ、後ろへ捻る。

<理論的根拠>
この検査では下関節上腕靭帯、前方関節包、ローテーター・カフ、関節唇が損傷の無い状態かどうかを調べるものであり、局所痛は、陳旧性の肩関節前方脱臼を示す。検査中の患者の表情や反応に注意しながら行う。
後方不安感テスト Posterior Apprehension Test
<検査方法>
患者を仰向けにして肘を前方へ突き出させ、患者の肘を後方に圧迫する。

<理論的根拠>
肩関節を後方に脱臼させようとするものでローテーター・カフや後方関節包にストレスをかける。
局所痛または不快感、患者の不安な表情は陳旧性の肩関節後方不安定性を示している患者は肩が以前に脱臼した時に感じた感覚を訴える。
障害はある角度で拳上し内旋位、内転位が強制されたポジションで起きる。
ファレンテスト Phalen’s Test
<検査方法>
両方の手関節を掌屈して押し付け、60秒間そのままにする。

<理論的根拠>
両手関節を掌屈すると、手根管内で横手根靱帯が正中神経を圧迫する。小指を除く指の正中神経枝のどこかがしびれるようなら、横手根靱帯の炎症、月状骨の前方脱臼、関節症性変化または総指屈筋腱の腱鞘炎のいずれかによる手根管内での正中神経の圧迫を示す。

ゴルフ肘テスト Golfer’s Elbow Test
<検査方法>
患者を座位にし、肘伸展位で前腕回外位にさせる。抵抗を加えながら手関節を掌屈させる。

<理論的根拠>
手関節屈筋群は内側上顆に付着している。これらは橈側手根屈筋と尺側手根屈筋よりなる。もし、内側上顆または同部へ付着する屈筋の腱に炎症を起こしていると、手関節の掌屈に抵抗を加えることによってこの部位に刺激が発生する。疼痛が内側上顆部に起こるようならば、内側上顆の炎症(内側上顆炎)が疑われる。

コーゼンテスト Cozen’s Test
<検査方法>
患者を座位にし、検者は片手で患者の肘を固定する。患者に拳を握らせて背屈させる。次に検者は、背屈した患者の手首に掌屈方向に力を加える(患者は反対に背屈方向に力を入れる)。

<理論的根拠>
手関節伸筋群は外側上顆へ付着している。これらは短橈側手根屈筋

内転ストレステスト Adduction Stress Test
<検査方法>
患者は座り、検者は片手で肘の内側を固定して、残る手で患者の前腕の外側を押して内反させる。

<理論的根拠>
前腕の外側に内反の力を加えることで、等速側副靭帯にストレスがかかる。
外側の不安定性あるいは痛みがあれば、橈側側副靭帯の不安定性が示唆される。
外転ストレステスト Abduction Stress Test
<検査方法>
患者は座り、検者は片手で肘の外側を固定して、残る手で患者の前腕の内側を押して外反させる。

<理論的根拠>
前腕の内側に力を加えることで、尺側側副靭帯にストレスがかかる。内側の不安定性あるいは痛みがあれば、尺側側副靭帯の不安定性が示唆される。
肘関節のチネル様徴候 Tinel’s eibow joint sign
<検査方法>
患者を座位にし、肘頭と内側上顆の間にある肘部管(尺骨神経溝)を打腱器で軽く叩く。

<理論的根拠>
疼くような痛みがあれば神経炎か神経腫の可能性がある。
考えられる原因
1.肘の使い過ぎ、反復する損傷、外傷
2.肘関節の関節炎
3.尺側手根屈筋の二頭間での肘部管の圧迫
4.手が頭部の下になり肘を曲げて寝た時のような姿勢による神経の圧迫
5.反復する尺骨神経の亜脱臼または脱臼
手のチネル様徴候 Tinel’s Wrist Sign
<検査方法>
手のひらを上にして、打腱器を使って手関節前面を叩く。

<理論的根拠>
小指以外の指どこかにしびれを感じたら、手根管症候群の恐れがある。
手根管症候群は、手根横靱帯の炎症による肥厚、月状骨の前方脱臼、関節症性変化または総指屈筋腱の腱鞘炎の何れかによる正中神経の圧迫を示す。
ファンケル(スタイン)テスト Finkelstein’s Test
<検査方法>
母指を中に入れて拳をつくり、手関節を尺側に曲げる。

<理論的根拠>
長母指外転筋腱と短母指外転筋腱の緊張を起こし、撓骨茎状突起より手の方に痛みがあれば、2筋間の狭窄性腱鞘炎を示唆する。別名ドゥケルバン氏病
問い合わせ