横浜市港北区の姿勢調整・カイロ・整体・骨盤矯正・マッサージ|健康になろう.com
HOME>お悩みはなんですか?

骨盤部でお悩みの方

イヨーマンテスト Yeoman’s Test
<検査方法>
患者をうつ伏せにし、患者の下腿をつかむ。
膝を受動的に屈曲させ、股関節を進展させる。

<理論的根拠>
大腿の進展により、仙腸関節と前仙腸関節靱帯にストレスがかかる。
同側に痛みが出れば腸骨大腿靱帯または坐骨大腿靱帯の捻挫の疑いがある。
ゲンスレンテスト Gaenslen’s Test
<検査方法>
患者を仰向けにして患者の脚を診察台の端に置かせて、健側の膝を胸のほうに折り曲げさせる。検者は患側の大腿を診察台の端よりも下にくるように押し下げる。

<理論的根拠>
患側の股関節の進展により、痛みがあれば、前仙腸靱帯の捻挫、あるいは仙腸関節炎を示している。
梨状筋テスト Piriformis Test
<検査方法>
患者を診察台に側臥位で寝かせ、股関節と膝関節を90℃に曲げる。
検者は患者の骨盤に手を当て安定させる。そしてもう一方の手で患者の膝を下に押す。

<理論的根拠>
回外筋や梨状筋に不可を与える。坐骨神経が梨状筋部を通過する場合や梨状筋が痙攣する場合、このどちらかで坐骨神経が障害されると、臀部への疼痛か下肢への放散痛が誘発される。
トレンデレンブルグテスト トレンデンブルグ徴候 Trendelenburg Test(sign)
<検査方法>
患者を立位にし、検者は患者の両腸骨の上後腸骨蕀に指を当てて腰を掴む。次に両膝を交互に屈曲するよう指示する。

<理論的根拠>
片脚起立した場合、正常な股関節は立脚側の靱帯や筋によって支えられる。疼痛のために片脚起立ができなかったり、反対側の骨盤が下がっていたり、挙げることができない場合、検査は陽性である。この結果は立脚側の中殿筋筋力の低下を示唆し、筋、靱帯に関して股関節の状態を検査する。この検査は股関節の疾患により二次的に陽性となることがある。先天性股関節形成不全の場合、股関節に脱臼があると外転筋が効果的に機能しなくなり、小児が患側の脚で立つと骨盤の反対側が下がる。
骨盤不安定テスト Pelvic Rock (lliac Compression) Test
<検査方法>
患者は横向きに寝かせ、腸骨を下方に強く押し付ける。これを両側に行う。

<理論的根拠>
腸骨を下に押し付けることにより、仙腸関節に圧迫がかかる。
各仙腸関節の痛みは影響を受けた側の仙腸関節の炎症性の病変を示す。
問い合わせ