横浜市港北区の姿勢調整・カイロ・整体・骨盤矯正・マッサージ|健康になろう.com
HOME>井元通信

井元通信

ぎっくり腰
ぎっくり腰は、重いものを持たなくてもなることもある。

その心は:
例えば、くしゃみや咳をしただけでぎっくり腰になる人もかなり多い。それは姿勢の悪さから元々あった腰の負担が蓄積されていき、わずかなきっかけで引き起こされてしまったのである。
投稿者 健康になろう.com | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
3種類のストレス
サブラクセーションの原因となる3つのストレスがある。

その心は:
それは「身体的ストレス」「精神的ストレス」「化学物質によるストレス」である。
カイロプラクティックを受け、サブラクセーションが改善されたあとは、日常的にこれらのストレスが極力すくない生活をするのが大切である。
投稿者 健康になろう.com | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
ズレの原因
体をねじったまま動作すると、サブラクセーションの原因になりやすい。

その心は:
それ以外にもサブラクセーションは普段の姿勢、仕事の特殊な負担や事故や衝撃によって起きる。これらを総じて「身体的ストレス」という。
投稿者 健康になろう.com | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
こどもの成長
他所の子どもと比べてしまい、早く立たせたり歩かせたりすることは、その子の未来に暗い大きな影を落とすことになる。

その心は:
赤ちゃんのときに、強引に立たせたりとかハイハイさせたりすると、生理的湾曲が不十分なまま成長することになるのでやめたほうがよい。歩行器も早く歩かせることにつながるのでやめたほうが良い。
生理彎曲が不十分だと、大きくなってから常時サブラクセーションを発生させやすい身体を持つことになる。若木が曲がったまま大きく生長していくのと同じである。
投稿者 健康になろう.com | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
耳鳴りや難聴は?
ほとんどの人が驚くかもしれないが、カイロプラクティックの施術後、耳鳴りがよくなった例もある。

その心は:
カイロプラクティックの発祥のエピソードは、ある磁気療法家が偶然にも難聴患者の骨を押した時に、骨が動き「耳が聞こえるようになった」という出来事から研究が始まったのである。それが1895年9月18日だったのである。
投稿者 健康になろう.com | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
             
8