横浜市港北区の姿勢調整・カイロ・整体・骨盤矯正・マッサージ|健康になろう.com
HOME>井元通信

井元通信

カルシウムの悲劇
カルシウムをとっても日光に当たらないと、カルシウム吸収がおきづらい。それは日光に含まれる紫外線によって、カルシウム吸収に関わるビタミンが活性化するからだ。ということは必然的にビタミンも摂取することが必要である。他にもマグネシウムもカルシウム吸収には必要不可欠な重要な栄養素である。
寝たきりになる原因の第2位が「骨折」なので最も気をつけたい栄養の一つだ。
投稿者 健康になろう.com | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
骨の音
自分で頭を持ってバキッと骨をならすのは、よくない。

その心は:
TVタレントもやっているが、実は自分で首を鳴らすことは、これが原因で死亡する人もいるくらいだ。刺激に慣れ、常時やりたくなってしまうほど中毒性もある。周りでやっている人がいたら止めてあげよう。ちなみにあの音を「クリック音」というが、まだ何の音かは正確に科学で解明されていない。

※もちろん正規のカイロプラクターが行なうアジャストメントでも音がなる場合があるが、それは解剖学的、関節機能学的に検証され安全が確認されている。
投稿者 健康になろう.com | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
重心の位置
片側だけに体重をかけて立たないほうがいい。

その心は:
それは、片側にだけ負担をかけることになるからである。それは身体的ストレスにより、サブラクセーションを引き起こすことになる。逆に片側に体重をかけることに慣れている人は、背骨のズレによって重心の位置が変わってしまっている事も考えられる。
投稿者 健康になろう.com | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
生理痛について
骨盤の調整によって生理痛がよくなるのが当たり前である。

その心は:
病気でない限り生理痛は骨盤のゆがみからきていることが多い。
骨盤がゆがむと中の臓器をつぶしてしまうことがあるからである。
そう考えると、おなかの調子が悪い、下痢や便秘も少なからず関係があると言える。現にそういった症状が改善したと言う人が多い。
投稿者 健康になろう.com | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
運動や筋トレについて
背骨が曲がったままでのトレーニングはしないほうが良い場合がある。

その心は:
背骨を治してから運動した方が、バランス良く筋肉がつく。背骨が曲がったまま筋肉をつけると、アンバランスに筋肉がついてしまう。いったんアンバランスになった筋肉は修正するのが大変になる。順番でいうと、筋肉よりもまずは骨格優先なのである。
投稿者 健康になろう.com | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
           
7